渚たなのファミリークリニック

渚たなのファミリークリニック

MENU

胃カメラ(上部内視鏡検査)

Medical

Medical胃カメラ(上部内視鏡検査)

内視鏡検査を安心してご利用いただくために、鎮静剤を使用することもできます。苦痛を軽減すると同時に緊張を和らげる効果があります。

検査のメリットは患者さんに苦痛がないだけではありません。痛みがない分、意識があると苦痛を伴う食道部分をはじめ、胃、腸の隅々にいたるまでじっくりと確実に検査ができるので、どんな小さな病巣も見逃しません。

また、胃の場合、鼻から挿入する経鼻内視鏡に比べて、当院が使用する経口内視鏡はカメラの口径が大きいので、より広い視野にて検査することができます。

Medical下記のような症状があると検査をした方がよいでしょう。

  • 食べ物が胸につかえる(食道通過障害の疑い)
  • 少しの食事で満腹になり、食事を受け付けない(胃の拡張障害の疑い、胃腫瘍に多い)
  • 胃液が口や胸にあがってくる、胸焼けがする
  • みぞおちの痛み(=心窩部痛)
  • 吐き気・嘔吐
  • 吐血・下血
  • のどや頚の違和感が続く

Medicalどのような病気が見つかりやすいか?