渚たなのファミリークリニック

渚たなのファミリークリニック

MENU

内科

Medical

Medical一般内科の診療

咳、発熱、頭痛、インフルエンザ、肺炎、糖尿病、生活習慣病(高血圧、高脂血症、肥満等)、貧血、喘息、肺気腫、不整脈、動脈硬化など内科一般の診察を行います。

Medical風邪

鼻や喉に感染がおこり炎症を起こします。症状は、咳、鼻水、鼻づまり、軽いのどの痛みや発熱等で原因の9割以上がウイルスによるものです。
また、しっかり治さないとその後、気管支炎や肺炎に進行する場合もありますので、治ったと思って無理をせず、しっかり完治するまで来院されることをおすすめします。熱を含めた症状の経過をしっかり観察することが大切です。

Medicalインフルエンザ

インフルエンザウイルスに感染することによって起こる病気です。インフルエンザに感染すると、1~5日の潜伏期間の後、38℃以上の高熱や筋肉痛などの全身症状が現れます。風邪よりも急激に発症し、症状が重いことが特徴です。

健康な人であれば、その症状が3~7日間続いた後、治癒に向かいます。気管支炎や肺炎などの合併症を発症しやすく、重症化すると脳炎や心不全になる場合もあります。インフルエンザウイルスには強力な感染力があり、いったん流行すると、年齢や性別を問わず、多くの人に短期間で感染が広がります。二次感染、合併症の予防のために、できるだけ早く受診することが大切です。

Medical高血圧

血圧が高い状態が続く事で血管の壁に圧力が掛り、その結果、血管を傷めて次第に血管が硬くなり動脈硬化へとつながります。
高血圧の原因は特定されていませんが、遺伝的要因と食生活(塩分の高い食事)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、または運動不足や精神的なストレスなどの環境的要因が重なって引き起こされると考えられています。

Medical脂質異常症

血液中の脂質(コレステロールや中性脂肪)が多い為に引き起こされる疾患です。これらの余分な脂質は、動脈の壁にくっついて血管を硬く狭くしていずれ動脈硬化を引き起こします。
コレステロールには善玉コレステロール(HDL)と悪玉コレステロール(LDL)があり、善玉コレステロールは細胞内や血管内の余分な脂質を肝臓に戻す働きがある為、悪玉コレステロールを減らすことに役立っています。高脂血症の主な原因は食生活(カロリー過多)や嗜好(喫煙・飲酒)過多、運動不足、遺伝などが考えられます。

Medical糖尿病

血液中のブドウ糖の濃度(血糖値)が高くなる病気です。
人体は、たくさんの細胞から成り立っていますが、この細胞が働く為のエネルギー源がブドウ糖です。
膵臓から分泌されるインスリンというホルモンが、血液中のブドウ糖を細胞の中に取り入れる役割を果たしています。しかし、このインスリンの量が不足したり、働きが悪くなったりすると、ブドウ糖が細胞内に取り込まれなくなり、血液中のブドウ糖濃度(血糖値)が高くなってしまうのです。
血糖が高いということは、体の細胞にエネルギーであるブドウ糖が十分に補給されず、そのため全身の細胞の働きが悪くなります。のどが渇く、尿が多い、傷が治りにくい、感染症にかかりやすい、疲れやすい、集中できないなどの症状が表れます。

Medical骨粗鬆症

加齢や薬の副作用などによって骨密度が低下する病気です。
女性ホルモンの低下とかかわりが深いため、40代以降の女性では早めの骨密度検査をお勧めします。

骨粗しょう症の治療の目的は骨密度の低下を抑え、骨折を防ぐことにあります。薬物療法、食事療法、運動療法を平行して行い、骨密度を高めましょう。

Medical高尿酸血症・痛風発作

・痛風は高尿酸血症を基礎に発症する尿酸塩沈着症(urate deposition disease)である.痛風関節炎(痛風発作),皮下結節(痛風結節),腎障害(痛風腎),尿路結石を発症する.
・高尿酸血症は血清尿酸値が7.0mg/dLを超えるものと定義され,その頻度は30歳以降の成人男性では30%以上と推定されている.また高尿酸血症は,メタボリックシンドローム,慢性腎臓病(CKD),高血圧・心血管系疾患との関係においても注目されている.

 

Medical逆流性食道炎

・逆流性食道炎とは主に強酸性の胃内容物が食道内に長時間にわたり逆流・停滞することにより,食道にびらんや潰瘍が生じる状態をいう.これらの粘膜傷害は肉眼的に確認されることが必要であるため,この診断名は基本的に内視鏡的診断名である.日本人の有病率は10%程度とされている.過酸,下部食道括約筋機能不全,腹圧上昇などによる胃内圧亢進などが原因となって生じる.
・上記の粘膜傷害が粘膜下層にまで達する場合を食道潰瘍とよぶ.その最も重要な原因は逆流性食道炎であるが,それ以外にサイトメガロウイルスやカンジダなどの感染症,ベーチェット病やクローン病などの全身疾患,農薬や強アルカリなどの腐食性物質の嚥下によるものなどがある.
・バレット食道は食道粘膜が円柱上皮化したものをよぶ.円柱上皮化は酸曝露によって引き起こされ,通常は食道下端から連続的に上方へと進展する.3cm以上に及ぶものをlong segmentバレット食道,3cm未満のものをshort segmentバレット食道とよんでいる.わが国ではそのほとんどがshort segmentで,long segmentはバレット食道の2−3%程度である.バレット食道は食道腺癌発生の高危険群と考えられている.
・食道裂孔ヘルニアとは,横隔膜を食道が貫く食道裂孔から胃の一部が胸腔内に脱出している状態をいう.高度なヘルニアでは食物の通過が障害されたり周囲臓器が圧迫されたりして,外科的手術が必要な場合がある.ヘルニアの存在により下部食道括約筋の機能不全が生じ,逆流性食道炎の病因の1つとなる.

Medical便秘

・慢性便秘は「排便回数が週3回未満,または排便困難症状の訴えがある状態」と定義される.排便困難とは怒責,残便感,頻回便,肛門部の閉塞感などを指す.多くの患者は排便回数の低下よりも排便困難症状が主訴となっている.
・便秘の分類は図のように考えると診断・治療に有用である.便秘はまず,甲状腺機能低下症や大腸癌などの基礎疾患による続発性の便秘と,原発性の便秘とに分けられる.原発性では,腹部X線などで腸管拡張を認める場合は巨大結腸症や慢性偽性腸閉塞症を鑑別することになる.
・一般に慢性便秘という場合は,基礎疾患によらず腸管拡張のない場合を指す.慢性便秘は結腸通過時間の異常と直腸肛門機能の異常の有無により,結腸通過時間正常型(normal transit type constipation),結腸通過時間遅延型(slow transit type constipation),便排出障害型(outlet obstruction type constipation)の3つに分類される.
・結腸通過時間遅延型の典型例は初潮後の女性に発症し,その後徐々に悪化する.軽症であれば通常の便秘薬でコントロールできるが,徐々に悪化して多量の刺激性下剤に頼る患者も少なくない.原因として女性ホルモンによる結腸運動の低下が考えられている.
・便排出障害型は直腸肛門機能の異常で,文字通り便が直腸に充填されても便排出ができにくいという異常である.肛門括約筋異常や骨盤底筋群協調運動の異常,なかには直腸瘤などによる器質性異常もある.